aaaaaa
東京都市大学工学部機械システム工学科ロボティックライフサポート研究室のウェブサイトへようこそ。

本研究室の概要
 科学技術の進歩とともに技術者の研究開発の課題となる機械システムは複雑化しており、ハードウェアとソフトウェアの両面についての知識を広く持ち、システム全体の構成や挙動を理解して、適切な制御を行う技術が必要です。 さらに、ロボットシステムでは、人間や実環境という常に動的に変化し続ける対象に対して、どのように働きかけるのかが非常に重要です。 わたしたちは、ロボット技術の研究・開発を通して、システムの本質を理解し、それらを利用することで常に新しい課題に挑戦する意志を持った技術者を育成したいと考えています。

 ロボティックライフサポート研究室では、実世界に働きかける機能を持つ知能化システムとしてロボットを実現するロボット技術を基盤に、ヒューマノイドロボット、ホームロボット、宇宙ロボット、双腕ロボットなどの運動制御について研究し、独自のロボットシステムの実現を目指します。 そのための重要な技術となるのは、動力学、制御理論、プログラミングなどであり、コンピュータ、アクチュエータ、センサ、通信機器などの知識も必要です。

 本研究室では、一人一人が自由な環境の中でも自律と規律を忘れず、進取の気概と理論と実践を常に意識し、また個々に磨いた力をグループの中で融合し協力し合うことで、ロボット研究に集中し楽しむことを基本としています。 そして、国内外の研究機関・企業・研究者との連携を取り、国内・国際会議へ積極的に参加し研究成果を発表することで、常に新しい情報に触れ、トップレベルの研究開発を実践することに日々努めています。 もちろん、知的活動には心身の体力も不可欠。運動や多くの行事を通して、研究室での生活を充実させることも忘れません。

 本研究室に配属された学生の多くは大学院に進学します。 これは、ロボット工学が多くの技術要素からなる複合的な学問分野であり、少なくとも3年間を集中して研究活動に当てることで、その楽しさが大きく体験できるからかもしれません。 研究室を選択する場合は、ぜひ大学院進学を念頭に置き、たくさんの知識や技術を得てほしいと願います。 卒業生は研究活動で培った経験を活かして、日立製作所、東芝、三菱電機、キャノン、ホンダ、三菱重工業、IHI、三菱プレシジョン、島津製作所、NTTデータ、KDDI、ヤフー、NHK、電通などの企業へ就職し、さらなる活躍を続けています。